一条工務店 住まいの体験会 工場見学

一条工務店で家を建てようとしているとき、

 

「住まいの体験会って、具体的にどんなの?」

 

ということが気になりますよね。

 

ということで今回は、一条工務店の住まいの体験会レポートです。

 

6/24、福岡の飯塚市の工場行きの様子です。

もくじ

 

1. 大まかなスケジュール

 

2. 集合

 

3. 移動

 

4. 昼食

 

5. 移動

 

6. 工場

 

 6-1. 制震・免震体験
 6-2. 浴槽
 6-3. ルーフィング
 6-4. 太陽光パネル
 6-5. 窓ガラス
 6-6. シロアリ
 6-7.
 6-8. 担当さんとぐるぐる
 6-9. 床暖房体験
 6-10. 抽選会

 

7. 移動

 

8. 解散

 

9. まとめ

 

大まかなスケジュール

 

集合 8:45

 

移動 9:00〜11:00

 

昼食 11:00〜11:40

 

移動 11:45〜12:00

 

工場見学等 12:00〜16:00

 

移動 16:00〜

 

解散 18:00

 

 

(今回はスケジュールずれ込んで、19:00くらいに解散でした)

 

 

 

集合


熊本インター近く、熊日RKK住宅展示場に8:45集合でした。

 

担当さんの話では

 

「TKU八代住宅展示場に8:00でもOKです」

 

ということでした。

 

 

 

移動

 

RKK住宅展示場からバスで移動です。

 

出発は9:00。

 

ちょっとしたおやつとペットボトルのお茶が出ます。

 

高速の途中、

 

  • 玉名パーキングエリア
  • 須恵パーキングエリア

 

で休憩が入ります。

 

移動中は営業さんの挨拶のあとは、一条工務店のDVDが流されます。

 

東大の一条ホールの話から始まり、Q値の話だったり、木質シェルターだったり免震の話だったりです。

 

(木質シェルターと免震システムはオプションですので、ここでしれっと押してくるやり方は私は気に入りませんけど、きっと効果があるからやっているのでしょう)

 

 

 

昼食

 

昼食は一条工務店が用意してくれます。

 

基本的には工場についてから昼食だそうですが、この日は人数が多くて、熊本組はほかの場所(どこだったかのホテル)で昼食でした。

 

(海鮮類が多くて、私は食べるものが少なかったです。ですので娘のナポリタンやらから揚げやらフライドポテトやらホットドッグやらをいただきました…)

 

 

 

移動

 

昼食会場から工場まで再び移動です。

 

ここは15分くらいの移動でした。

 

 

 

工場

 

ついてすぐに私たち夫婦が行ったことは、娘を保育士さんに預けることでした。

 

保育士さんたちの手が回る範囲での預かりですので、今回は4歳までという制限がありました。

 

 

 

預けたあとは見学・体験です。

 

交通事情ですでに時間が押していましたので、見て回る順番は変わっていたようです。

 

まずは熊本の人たち全体で、

 

  1. 制震・免震体験
  2. 浴槽
  3. ルーフィング
  4. 太陽光パネル
  5. 窓ガラス
  6. シロアリ

 

の順番に見ました。

 

 

 

そのあと担当さんといろんなものを見て回ります。

 

しばらく見て回ったあと、再び全体で床暖房体験です。

 

最後は抽選会があって終わりです。

 

さあ、細かく紹介していきます。

 

 

制震・免震体験

 

これは動画を撮って公開しています。

 

右側が制震で、左側が免震です。

 

壁にある赤い液体を見てもらったら、違いがよくわかるかと思います。

 

 

 

 

私も実際に乗って撮影したのですが、あまりいい画が撮れませんでしたので、実際にどうなのかは体験してみましょう。

 

とりあえず熊本地震より、揺れの質的にも怖くありませんでした。

 

でも実際にあれだけ揺れたらと思うとやっぱり怖いですね。

 

 

 

浴槽

 

いい断熱材が入ってますとかそういう話です。

 

「性能はいいけど穴が空いたら役立たずなので外壁等には使えない」

 

というものを使っているそうです。

 

 

ルーフィング

 

多くの住宅で使われているルーフィングと、一条工務店で使っているゴムアスルーフィングの比較実験です。

 

まずはアスファルトルーフィングから

 

 

 

 

そしてゴムアスルーフィング

 

 

 

 

違いはわかりましたよね。

 

ゴムアスルーフィングのほうが漏れが少ないです。

 

実際に施工したあとは、どちらも熱でベターっとなって漏れにくくなりますけど、まあゴムアスルーフィングのほうが優秀なのは明らかです。

 

 

太陽光パネル

 

左が一般的なソーラーパネルの施工例、右は一条工務店のソーラーパネルの施工例です。

 

ソーラーパネル

 

ソーラーパネルを屋根面にくっつけてしまうと熱で発電効率がさがったりルーフィングが溶けたりしますので、少し浮かせて施工してあります。

 

ソーラーパネル

 

 

 

一条工務店のソーラーパネルは建材型ソーラーパネルと呼ばれるもので、屋根材として組み込まれます。

 

ですのでそのぶん固定資産税がかかってきます。

 

どれくらいの屋根にのせるか次第ですが、月500〜1,500円くらいかわってきます。

 

もっと詳しく知りたい方は、私が作った試算システムを使ってください。

 

一条工務店の太陽光の見積もりには、固定資産税等増額分を含めるべき

 

 

 

そして太陽光パネルの耐久度テストですね。

 

氷を投げつけます。

 

動画の最後の人は力が入りすぎたようで、パネルではなく地面に投げつけてしまっていました。

 

 

 

窓ガラス

 

ここでは実際に外から割ってみて、室内側に破片が落ちないことを確認します。

 

よく見たらここには

 

“撮影禁止”

 

の張り紙がありましたので、ここの写真や動画は公開しません。

 

 

シロアリ

 

実際にシロアリを見て、そのあと防蟻処理してある木材を見ました。

 

実際にシロアリを見てもらうために、シロアリを養殖してあります(笑)

 

写真も動画もありますけどニガテな人もいるでしょうから非公開です。

 

 

 

防蟻処理については担当さんに確認しところ、

 

「1階の木材はすべて加圧注入します」

 

ということでした。

 

(うちは平屋にするつもりですので「じゃあ2階は?」とか突っ込みません)

 

 

 

なお、私がシロアリを見ている間、妻は防腐処理についての説明を受けていたそうで、その写真を撮っていました。

 

いろんな木材で、防腐処理をしたりしなかったり実験しているようです。

 

防腐処理

 

防腐処理

 

 

 

ハイドロテクトの話が主だったのかな?

 

あまり聞いていませんでした。

 

プレカットしてあるものが多数置いてありましたので、その写真を撮っていました。

 

とくに目を引いたのがこちらです。

 

断熱材

 

配線の部分もプレカットしてあります。

 

「その場で加工すると必要以上に断熱材が削られるおそれがあるから」

 

ということでプレカットしてあります。

 

 

 

それは気づかいとしてはOKなのですが、実際に見るとけっこう削られてるように見えます。

 

画像の中央付近で深さ2〜3cm、画像の左側だと5〜6cmは削られているように見えました。

 

高断熱を求めるなら、配線も最小限にする必要があるのでしょうね。

 

 

 

そして目に入ったのでつい撮ったのがこちら

 

品質方針

 

2014年からそのままであることがいいことか悪いことかは置いておいて、こうして目につくところに掲示するのはいいことだと思います。

 

 

担当さんとぐるぐる

 

担当さんとぐるぐる…

 

の前にちょっと休憩です。

 

工場見学の日は自販機はタダになってます。

 

飲み放題です。

 

あとはアイスやらポップコーンやらもタダです。

 

 

 

 

休憩後に担当さんと回っているときは自分の家のことばかり考えていたのであまり写真や動画を撮っていません。

 

唯一公開できるのが下の動画、窓の違いの体験動画です。

 

説明しているのは担当のTさんです。(動画撮ってるのわかってて、カメラワークに合わせて説明してくれてます)

 

最初はそれぞれの表面温度を映してます。

 

 

 

 

背景が熊本ではありえないような景色で笑いました(笑)

 

ただ内側の設定温度は2℃だそうで、ありうる温度です。

 

 

 

床暖房体験

 

最初は何でもない部屋で血圧測定です。

 

このときの私の血圧は写真の通りです。

 

血圧

 

だいたいいつも通りです。

 

 

 

そして寒い部屋(7℃くらい)に通されます。

 

毛布を貸してくれますが、寒いです。

 

このときの血圧は、

 

血圧

 

まあ見事に上がってますね。

 

若干心臓痛かったです。(貧弱)

 

 

 

しばらく寒い思いをさせられたあと、床暖房の部屋に通されて、学者先生が

 

「床暖房は理想的な暖房」

 

とか言ってるビデオを見ます。

 

体感と権威付けで、消費者はイチコロですね(笑)

 

 

 

床暖房の部屋の気温はこんな感じです。

 

気温

 

上から、部屋上部、部屋中部、部屋下部の温度です。

 

上下の気温差が小さいですね。

 

 

 

そのあとエアコン暖房の部屋に通されて、換気の話があります。

 

この部屋の気温はこんな感じです。

 

気温

 

中部の温度が一番高いのは、この部屋では上部から普通の排気を行っているためですね。

 

「普通の換気だとせっかく温めた空気を外に出すからもったいない」

 

ということがわかりやすい作りになってます。

 

その部屋から出た直後、換気扇からの排気を触ってみるようすすめられます。

 

 

 

さらに床暖房の部屋に通され、DVDだっけ?ロスガードの話だっけ?

 

少し疲れてきていたので若干ぼーっとしていました。

 

 

抽選会

 

抽選会は工場・担当者によっていろいろ変わるのでしょうか?

 

「くじになった」

 

という情報もある中、ガラガラでした。

 

そして担当者によっては抽選券を渡していない人もいるような感じでした。

 

それともとりあえず参加しただけでまだまだ建てる気がない人に配ってなかっただけですかね?

 

 

 

A賞・B賞に分けられていて、A賞のほうが豪華です。

 

抽選会商品

 

抽選会商品

 

 

 

私は熊本営業所のガラガラを一番最初に回して、A賞でした。

 

A賞

 

「ゆっくり回した方がA賞出るらしいよ」

 

と妻が言っていたのでゆっくり回しました。

 

どこかのブログで

 

「A賞は金の玉」

 

とか書いてあったような気がしていたので赤玉が出たとき一瞬ガッカリしましたが、すぐにベルならされて

 

「おめでとうございます! A賞です!」

 

と言われたのでA賞当たったことに気づきました。

 

 

 

玉の色も工場によって違うんですかね。

 

 

 

あ、この抽選の直前、子供がいる家庭用の抽選もしました。

 

パンダのポーチゲットです(笑)

 

 

 

これにて工場の見学は終了です。

 

 

 

バスに乗る前に託児所に娘を引き取りに行って、保育士さんたちから

 

「○○ちゃんは笑顔が素敵で癒されました〜」

 

と言ってもらえました。

 

子供を預かってもらってこちらが助かったはずなんですが、保育士さんたちの癒しになるとは、さすがは私の娘です。

 

ウィンウィンウィンの関係ですね。

 

 

 

移動

 

バスにゆられること2時間以上です。

 

帰りも

 

  • 須恵パーキングエリア
  • 玉名パーキングエリア

 

にとまって休憩があります。

 

帰りの車内ではアニメDVDが流されます。

 

 

 

一本目はインサイド・ヘッド。

 

バスにのる前に担当さんから

 

「子供向けです」

 

と言われていたのですが見入ってしまい、泣く寸前というか、目に涙ためてました。

 

 

 

二本目はベイマックス。

 

RKK住宅展示場についたため、これは途中までしか見れませんでした。

 

つぎの日アマゾンのプライムビデオを探してみたら有料だったので、続きを見るのは諦めました。

 

 

 

解散

 

おおよそ19:00、熊日RKK住宅展示場について解散しました。

まとめ

 

いかがでしたか?

 

今回は、一条工務店の住まいの体験会のレポートでした。

 

当然ですが、見せれる範囲でしか見せてもらえません。

 

私としては太陽光パネルや窓ガラスををかなづちでぶったたいてみたかったのですが、さすがにダメですよね。

 

「家建ててから自宅でやれ」

 

という声が聞こえます。

 

抽選会がありますから、少しでもオプション代を浮かせたいなら一度は行くべきかと思います。

 

 

 

当日の昼ごはんやら飲み物やらの心配はいりませんが、晩御飯のことは考えておいた方がいいでしょう。

 

朝もわりと早いですし、帰ってから用意するのはきついかと思います。

 

その日の私の晩飯は、すき家のねぎキムチ牛丼になりました。

 

RKK住宅展示場からの帰りにドライブスルーして、車の中で食べました。

 

ハウスメーカー未契約の方が理想の間取りの家をお得に建てるための記事

自宅に居ながら希望通りの間取りをプロに作ってもらえる!?

 

メニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 問い合わせ・運営者情報 プライバシーポリシー・免責事項等