一条工務店 ソーラーパネル

※この記事にはローシュの勘違いが多分に含まれ、間違った内容となっています。が、自分への戒めのために残しておくこととします。

 

※どこが間違っているかって、最初の想定通りで問題なかったのに、“発電した電気は、太陽電池自立運転用の電源からしか使えない”と、思ってしまったことです。

 

 

 

2019年に入りまして、一条工務店との打合せが進む中で、

 

「えっ!?じゃあソーラーパネル載せるのやめようかな…」

 

「てか一条工務店で家建てるのやめよっかな…」

 

と思ってしまうほど衝撃的な事実を知ってしまいましたローシュです。

 

 

前回の打合せで知った事実をもとに、一条工務店でソーラーパネルを載せることが本当に正しい判断なのか、あらためて考えます。

一条工務店のソーラーパネルの衝撃の事実〜発電した電気は、太陽電池自立運転用の電源からしか使えない!〜

 

一条工務店のソーラーパネルで発電した電気は、太陽電池自立運転用の電源からしか使えないのです!
(家のどこの電源でも、発電した電気を使えると思い込んでたんですよ!)

 

「じゃあ太陽電池自立運転用の電源を家じゅうに設置すれば解決でしょ」

 

って、その通りです!

 

 

じゃあ太陽電池自立運転用の電源、一条工務店の標準だといくつ設置できるでしょうか?

 

 

さあ真実は…

 

いつも…?

 

 

 

 

ひとつ!

 

なんです!

 

ふたつ目以降はオプション!

 

 

太陽電池自立運転用の電源追加は高額オプション

 

電源追加は、一口10,000円オーバー!
(詳しい額は設計士さんに聞いたけど、思い込みを吹っ飛ばされた衝撃で頭に入って来なかった)

 

家じゅうに太陽電池自立運転用の電源を追加すると、十万円以上飛んでいく高額オプションなのです!

 

 

しかもそれを頑張って家中にとりつけたところで…

 

使えても出力が低いし、安定もしない

 

炊飯器でご飯が炊けたり炊けなかったりするレベルらしい。
(言われたら「確かにそうだ」と理解できるけど、以前は洗濯機とか電子レンジとか余裕で動かせるとか思ってた)

 

多くの電気を使うものや、安定した電力が必要なものは繋がないほうがいいですね。

 

 

「自立運転用の電源からしか発電した電気を使えない」

 

と聞いた瞬間、

 

「太陽電池自立運転用の電源にパソコン繋ごう」

 

と思ったけど、下手すると急に落ちるだろうから繋げない悲しい。

 

 

使えるとして、テレビ、ラジオ、スマホとタブレットと掃除機の充電くらいしか思いつかない現時点。

 

誰かほかに何かアイデアありませんかね?

 

 

発電した電気、ほぼ全量売電

 

結局、一条工務店のソーラーパネルで発電した電気はほとんど売電に回るわけで、

 

打合せ以前に書いた、“太陽光パネルを屋根にのせるかどうかは「絶対額でプラスになるか」で考えるな”の記事と計算システムは、根底から覆されるような格好になりました。

 

 

いやまあ、調べてみたら一条工務店に限らず、蓄電池なしでソーラーパネル載っけたら、発電した電気をうまく使う方法を考えない限り、ほとんど売電になるようですけどね。

まとめと余談

 

一条工務店に限らず、蓄電池なしでソーラーパネルを設置すると、発電したものをほとんど自家消費できず、ほぼ全量売電になります。

 

 

頑張って自家消費しようとして自立運転用電源を増やすのも、一条工務店では高額オプションですし、

 

頑張って電源を追加したところで、その電源を使うのに適した家電は少なく、発電してもほとんど使えない状況に変わりありません。

 

 

私は打合せ以前、

 

「ソーラーパネルで発電した電気で、家じゅうのどんな家電でも動かせる」

 

と思い込んでいました。

 

そして今回、打合せにて、その幻想は打ち砕かれてしまいました。

 

 

つまり、以前“太陽光パネルを屋根にのせるかどうかは「絶対額でプラスになるか」で考えるな”の記事をお読みになったことがある方には申し訳ないのですが、あの記事を書いた当時に想定していたことと、現実には開きがあります。

 

 

むしろ現実に近い仮定は、

 

「発電したものは全部売る」

 

という、ごくシンプルなものであることが、前回の打合せでわかりました。

 

 

今度はその仮定で計算システムを構築してみようかと思っています。

 

思っているだけで、実際にやるかどうかはわかりません。
(誰かも求められてないのにわざわざ時間かけるのもバカらしいですからね。)

 

 

以下、余談。

 

 

「おかしいな、余剰売電とは何だったのか。結局全量売電と変わらんじゃないか」

 

と思うこのごろ。

 

 

そして蓄電池あっても、特定負荷型だと、蓄電池を設置したときに決めた特定の電源からしか蓄電した電気使えないから、せっかくなら全負荷型にしないととか思ってます。

 

これもまた今度記事書くかもしれないし、一条工務店で家建てることと今のところ関係ないから書かないかもしれないわからない。

 

 

打合せも終盤だけど、

 

「ソーラーパネルも思ったほど節約効果なさそうだし、一条工務店のソーラーパネルだと今のところ蓄電池も導入できないから、一条工務店で家建てるのやめよっかな」

 

という思いがムクムク湧き上がってきております…

 

はあ…

 

やっぱり計算システム再構築して自分を納得させるしかないのかねぇ…

 

 

計算システム再構築した

 

再構築完了
→https://docs.google.com/spreadsheets/d/19aafTz2T0ZjyR5WplPWzQa95fOZyM7e3RCO3VsdsI48/edit?usp=sharing

 

スプレッドシートの入力欄にある数字を変更したいならスプレッドシートにアクセスして「権限くれ」って連絡くださいね〜

 

 

一条工務店ではソーラーパネル設置しないほうがよさそような計算結果になった。

 

なお、ほかのメーカーのソーラーパネルでも、蓄電池なしなら同じような結果になると思われる。

 

今から蓄電池なしでソーラーパネルを導入しても、どう見ても損するように見える。

 

蓄電池は蓄電池で高いから、蓄電池ありでソーラーパネル導入しても損するということは十分に考えられるけどね。

 

 

ん〜、一条工務店の施主に限らず、実際に最近ソーラーパネル導入してる人たちって、総合的に見て回収見込み立ってるんかね?

 

太陽光の営業マンにうまいこと騙されてないか心配になります。

 

 

 

※この記事にはローシュの勘違いが多分に含まれ、間違った内容となっています。が、自分への戒めのために残しておくこととします。

 

※どこが間違っているかって、最初の想定通りで問題なかったのに、“発電した電気は、太陽電池自立運転用の電源からしか使えない”と、思ってしまったことです。

ハウスメーカー未契約の方が理想の間取りの家をお得に建てるための記事

自宅に居ながら希望通りの間取りをプロに作ってもらえる!?

 

メニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 問い合わせ・運営者情報 プライバシーポリシー・免責事項等