太陽光 売電単価 予測

太陽光パネルを設置する・している人にとって興味があることのひとつに、

 

「固定価格での買取が終了したあと、売電価格はどうなるか」

 

ということでしょう。

 

さて今回は、均衡分析です。

 

頭が痛くなっても知りませんよ。

もくじ

 

1. 結果

 

2. 分析

 

 2-1. 買電市場分析
 2-2. 売電市場分析

 

3. まとめ

 

 

結果

 

売電価格が下がったときに、ソーラーパネル設置者がどう行動するか次第です。

 

ほかの電力会社と比較して条件のいいほうと契約しなおすなら、適正な価格で売電できます。

 

ソーラーパネル設置者が増えれば買電市場は縮小しますから、発電の燃料費の変動を考えなければ、買電単価は下がっていくでしょう。

 

燃料費まで考えれば、どうなるかはまったくわかりません。

 

ソーラーパネル設置者が増えても、売電市場は拡大するかどうかわかりません。

 

ソーラーパネルで自家消費分をまかなうようになれば、そのぶん電力会社は電力を売らなくて済むようになります。

 

つまりそのぶんソーラーパネル設置者から買わなくてもいいようになります。

 

最終到達地点としては、全世帯が自家消費分をソーラーパネルでまかなうことが考えられますね。

 

そうなれば、一般家庭では売電も買電もない世の中です。

 

 

 

分析

 

どちらも売り手買い手になりえますので若干分析がめんどうですが、やってみます。

 

以下、買電市場(※ソーラーパネル設置者および一般家庭からみて)と売電市場(※ソーラーパネル設置者からみて)に分けて考えます。

 

P:単価
X:取引量

 

とします。

 

本来はいろいろと仮定を置くべきなのですが、雑にいきます。

 

 

買電市場分析

 

買電市場

 

Sp:ある電力会社の供給曲線
Dp:ある電力会社と契約している家庭の需要曲線の総和

 

短期的な単価の決定権は電力会社に、取引量の決定権は家庭側にあるものと考える。

 

単価と取引量がAの領域に入っているとき

電力会社は赤字になっており、買電単価を上げようとする。
家庭は想定より高い価格で買うことになるため、消費を減らそうとする。

 

単価と取引量がBの領域に入っているとき

電力会社は黒字になっている。
家庭は想定より高い価格で買うことになるため、消費を減らそうとする。

 

単価と取引量がCの領域に入っているとき

電力会社は黒字になっている。
家庭は想定より低い価格で買うことになるため、消費を抑えない。

 

単価と取引量がDの領域に入っているとき

電力会社は赤字になっており、買電単価を上げようとする。
家庭は想定より低い価格で買うことになるため、消費を抑えない。

 

…A→B→C→D→A…

 

と回りながら、価格と消費量は均衡点に落ち着いていく。

 

 

売電市場分析

 

売電市場

 

Ss:ある電力会社と契約しているソーラーパネル発電者の供給曲線
Ds:ある電力会社の需要曲線

 

短期的な単価の決定権は電力会社にあるとする。

 

短期的な取引量は、“買電市場の均衡電力-電力会社の発電力”(こではXp´とする)により決まるものとする。
つまり、電力会社での発電で足りない分だけソーラーパネル設置者から買う(足りてるときはパワコンで抑制する)ということです。
電力会社はこの量以上買い取っても余らせるだけです。この量以下の買い取りなら、どこかで停電します。

 

 

単価と取引量がAの領域に入っているとき(Ds線上、Ssより下)

電力会社は均衡価格より安く買えている。何もしないでおくと他の電力会社に客を持っていかれかねないので、売電単価を上げようとする。
すぐに上げれば短期的にも長期的にも下のグラフの均衡点におさまる。

 

売電市場

 

電力会社は均衡価格より安く買えているからといって何もしないでおくと、ソーラーパネル設置者は回収の見込みが薄くなり、新規太陽光パネル設置敬遠。さらに一部のソーラーパネル設置者がほかの電力会社に乗り換える。
この結果はソーラーパネル設置者の行動次第で変わるところです。
顧客が新規設置を敬遠するだけなら買電市場での需要曲線の右シフトをもたらし、Xp´の上昇(右シフト)圧力となると同時に、売電市場での供給曲線の左シフトをもたらす。
電力会社乗り換えがスムーズにすすめば、買電市場での需要曲線は左シフトし、Xp´の下降(左シフト)圧力となると同時に、売電市場での供給曲線の左シフトをもたらす。これは買電単価が下がり、取引量は減り、その電力会社の衰退につながります。ですので、乗り換えのインセンティブをそのままにしておくことは電力会社としては避けたいところでしょう。つまり、すぐにでも売電単価を上げるべきです。もしくは乗り換えない顧客の上にあぐらをかきつづけるかですね。

 

電力会社の対応が遅くなり、顧客が新規設置を敬遠するだけなら、下のグラフのようなシフトが起きます。

 

均衡分析

 

このとき売電価格は均衡点に向かって上昇圧力がかかりますが、「どうせ顧客は逃げない」と読んだ電力会社が売電価格を据え置くか、むしろ下げてくることは十分に考えられます。

 

 

 

顧客離れが起きまくったときは、下のグラフのようなシフトが起きます。

 

均衡分析

 

このとき売電価格がどうなるかは、それぞれのシフト次第です。

 

 

単価と取引量がBの領域に入っているとき(Ds線上、Ssより上)

電力会社は均衡価格より高く買うことになっており、売電単価を下げようとする。下げないことは考えにくいが、下げないならほかの電力会社から顧客が流れてくるかもしれない。
すぐに下げれば短期的にも長期的にも下のグラフの均衡点におさまる。

 

買電市場

 

売電価格を長期的に下げない見込みが出てくると、ソーラーパネル設置者は早期回収の見込みが高くなり、新規太陽光パネル設置促進。さらに新規顧客の流入も見込める。
この結果はソーラーパネル設置者の行動次第で変わるところです。

 

買電市場での需要曲線のシフトは、新規流入者数と増設次第です。新規流入が多く増設が少なければ右シフトをもたらし、新規流入が少なく増設が多ければ左シフトします。それにつれてXp´も動きます。新規流入にしても増設にしても、売電市場での供給曲線は右シフトします。

 

売電市場

 

このとき売電価格の均衡点がどうなるかは、それぞれのシフト次第です。どちらといえば下降圧力が強くなっていると思いますが、電力会社の切り替えはすぐに終わることに対して増設はすぐにはできないことから見ると、流入激増によるXp´の右シフトが大きくなるのかもしれません。

 

それによって均衡点が上がり、売電価格は据え置きで均衡する形になるなら、それはなんだかうまく行きすぎな気もします。

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

今回は、買電市場と売電市場の均衡分析でした。

 

ソーラーパネル設置者の行動次第で単価は変わるのです。

 

合理的経済主体を想定すればもっとわかりやすい結論を出せるのでしょうが、残念ながら私たちはそんなに合理的ではありません。

 

ですので、私がありうると考える範囲で、フワッとした分析を行っています。

 

つまりこれは、私のバイアスがかかった分析であることはご了承ください。

 

 

 

政府も究極的には全世帯自家消費を目指しているようですので、これからは自家消費分のみを考えて設置するのがスマートなやりかたに見えます。

 

大量にのせても、売る先がなくなっていきます。

 

ソーラーパネルでまかなえるぶん電力会社が縮小し、最終的にはただの電力交換会社のような立ち位置になる未来が待っているのでしょうかね。

 

それか工業・商業施設への電力供給のみになるかですかね。

 

 

 

と、ここまで書いてひとつ間違いに気づきました。

 

ひとまずこの記事はそのままにしておいて、後日別記事で修正します。

 

※→修正記事

 

ハウスメーカー未契約の方が理想の間取りの家をお得に建てるための記事

自宅に居ながら希望通りの間取りをプロに作ってもらえる!?

 

メニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 問い合わせ・運営者情報 プライバシーポリシー・免責事項等